栄養素の仕組み

栄養素の仕組みへようこそ。
ゆっくりご覧になってみてください。

栄養素の仕組み

栄養素が必要なのはその物質が生体内の需要を生合成で賄うことができずに
外部からの取りこみに頼ることが理由となる。

重要量の多い栄養素を主要栄養素と呼び、それとは対照的に少量の摂取で済む
栄養素を微量栄養素と呼ぶ。

栄養素としてとりこまれる物質の比率は生物種によって異なるだけでなく生物の置かれた
環境や固体の成長段階によっても変化する。



別の観点から見ると栄養形式を主要栄養素の種類で大きく二つに分類すりことができる。
その場合、二酸化炭素、水の他に無機栄養素だけで十分な独立栄養の場合とそれに
加えて有機物からなる有機栄養素をも必要とする従属栄養の場合が存在する。

前者の代表が植物であり、多くの生物種は後者の方式を利用している。

栄養素と生物の関連を示したモデルに食物連鎖がある。
他の生物を捕食あるいは遺骸を摂取することで従属栄養生物は有機栄養素の供給源を得て
いる。



有機栄養素のうち炭水化物、たんぱく質、脂肪は多くの生物種で栄養素であり
「三大栄養素」とも呼ばれる。

また代謝を補助する物質としてミネラルと呼ばれる栄養素は微量な元素、塩、イオンで
鉄や銅などがそれに該当する。

水は生命が引き起こす全ての科学反応の溶媒であり、排泄された分は摂食により
賄われる。

加齢臭の原因と対策サプリメントの種類と栄養素